市長より皆樣に 苗栗市役所および代表会のご案内 地理の環境 歷史沿革および人口概況 交通概況 工商業の發展 農牧業 文化教育概況 宗教信仰 社會福祉 都市の綠化 市民の憩い 都市外交 未來展望
:::
社會福祉

苗栗市では各項建設を進めると同時に、2003年1月16日に社会福利課を設置して、社会福祉の向上に乗り出している。―階にはまごころ応接室を設け、弱者のための相談に乗ったり、場所を交流行事に提供したりしている。社会福祉時代の到来を迎えて、よりすみやすい都市造りに邁進している。


さまざまな扶助・補助を受け付けたり、問題を抱えた児童・老人・婦人・原住民の生活をバッタアップしたり、また、家庭や家族に不幸があった際の緊急援助や生活支援をおこなったり、社会福祉の範囲は広範である。全市九万人のうち、六十五歳以上の老人が―万人を超え、身心障害者は3978人、独り暮らしの老人は112人、要保護の低所得家庭は134世帯となっており、いずれも社会福祉の重要な対象になっている。

苗栗も高齢化社会を避けられず、身寄りのない老人、病気に悩む老人の支援が優先課題になっている。市は2002年7月に独り暮らしの老人のための生命の電話を設けたり、訪問サービスをおこなったりして、地域社会や近隣の医療機関と連携をもって、生活支援と緊急時の救援体制を維持している。そのおかげで、いままでに少なくとも十名の独り暮らしの老人の生命を救うことができた。邱炳坤市長と呂文松主席からは、彼らに冬季に役立つ外套を贈呈されている。
猫狸山キャンプサイトそばの老人文康センターは、三階建てで総面積は七百坪。カラオケ・閲覧室・視聴室・ジム・卓球室・ビリヤード室・交流室・会議室を具え、1999年からは大千慈善基金金に経営を委ねている。施設は五十歳以上の市民に会員制で開放している。文康センターでは長期的に卓球・書法・胡琴・気功などの教室を開き、好評を博しており、地域の老人たちにとって欠かせない学習と交流の場になっている。
 医療設備は大都会には劣るが、市内には衛生署苗栗病院など七つの病院に加え、診療所五十八軒、漢方診療所十三軒、歯科診療所二十四軒がある。重大あるいは特殊な傷病をのぞいて、-般の医療保健は市内で十分に対応できる。大型病院では定期に健康講座、ダイエット教室、禁煙タラブを開設し、父の日、母の日、敬老の日などに合わせて健康診断を実施している。
 

市としても、さまざまな医療サービスを実施している。ICカード採用までは、健康保険カードを自宅まで届けるサービスを実施。独り暮らしの老人については、定期的に担当者を派遣して、近況を理解するほか、病院の薬を届けたりするなど老人の負担軽減につとめてきた。今年の夏には、


市主催で聴覚障害者を対象にジェスチャー大会を開催。言葉を使わず、手振り身振りで意思を伝える高度の技巧に、観衆からも拍手喝采があった。また最新のハイテタを使っての意思疎通の方法も紹介され、障害を越えて理解し合う必要を学んだ。。

市としても
 
Conformance level "A+"(open new window) copyright © 2011 苗栗市役所/IE7.0もしくはFirefox3.0以上のバージョンを使って本サイトにアクセスしてください。