市長より皆樣に 苗栗市役所および代表会のご案内 地理の環境 歷史沿革および人口概況 交通概況 工商業の發展 農牧業 文化教育概況 宗教信仰 社會福祉 都市の綠化 市民の憩い 都市外交 未來展望
:::
市民の憩い

猫狸山公園は天然林を擁しているが、近年、いろいろな花井が植えられ、いっそう緑が濃くなった。市民は森林浴を楽しんだり、早朝や朝方の散歩、ときにはバーベキューを楽しんだりしている。青少年の交流や家族の憩いに欠かせない場所である。山には頼氏貞節牌坊・丘滄海記念碑・陣亡将士記念塔などの歴史建築がある。また猫狸山を貫く「功維敘」百年隧道は、自然の霊気とともに歴史の風情に満ちている。「功維敘」隧道は、入念な企画・設計が施されている。隧道北口には郷土色豊かな展望台と生態池があり、南口の眺めも素晴らしい。当地の鉄路博物館にはかつて活躍した機関車が陳列されており、鉄道文化の旅も楽しめる。

猫狸山公
 
週休二日実施後、国内は旅行・行楽ブームである。苗栗市には広大な後龍渓河浜公園のほか、同心公園・猫狸山・環境保護公園などがある。南苗三角公園,市民広場では、日常的なさまざまなプログラムが組まれ、市民の観賞に供している。最近では各地域でも空きスペースや公園を利用して、環境改善運動やレタリェ―ションに取り組んでいる。例えば、旧北苗市場の清華公園・北苗の鉄道公園・恭敬の生機花園・高架下の運動公園・サイクリング道脇の市民花園など、いずれも市民の格好の行楽地になっている。


新英・新川間のサイクリング道は 1999 年にオープンした。地形や距離の違いから「挑戦路線」二三・七五キロ、 「運動路線」十八・四五キロ、「軽快路線」十・四キロ、という三つのコースが用意されている。市民は年齢や身体の状況に応じて、それぞれふさわしいコースを選択できる。いずれのコースも、緑いっぱいの茶園・牧場に囲まれ、快適そのもの。近くのガジュマルの茂る散歩道には、東屋や古炭窯・マンゴーの老木などがある。桂竹亭あるいは八手休息所にのぼると、墨硯山・八角 ? 山・加里山が望め、稜線が折り重なった 「三台疊翠」と呼ばれる美景が楽しめる。とりわけ牧場の風光がすばらしく、 「ハスイス」という美称もある。
 
廃棄されていた古い炭窯 レトロブームもあって、廃棄されていた古い炭窯が改修され、市民の関心を集めている。邱市長の要請に応えて経験豊かな王徳盛先生が指導に就くことになり、後継者育成に道を開いた。―度灰娃にきした炭窯が甦り、再度火が点った。訪問する人は絶え間なく、中秋節前にはバーベキュー用にと市民に炭が配られる。


サイタリングロードは、水田・茶園・原始林が続く海抜二百三十メートルくらいの丘陵の間を縫うようにして走る。市の委託を受けた苗栗県自然生態学会の - 年にわたる調査によれば、少なくとも四十種以上の希少生物を発見している。珍しい昆虫が九種・鳥類が二十三種。なかには、人面蜘蛛 ( オオジヨロウグモ ) ・青帯鳳蝶 ( アオスジアゲハ ) ・阿秋筧・珠頸斑鳩 ( カ / コバト ) ・桔梗蘭 ( キキョウラン ) ・月桃および岩生の秋海棠などが含まれ、その豊かさは予想以上であった。関係する資料は「発現猫狸」として各機関・学校あるいは市民に提供されているので、市民はいつでも手にとって、郷土の生態に触れることができる。
 
青少年向けの有名な活動といえば、冬・夏休み期間のバスケットボール大会があげられる。参加するのは百チームを超え、若者たちへのスポーツ奨励に貢献している。また多年にわたって続けている 「サイタリングの旅」・「ハイキング」・「客語誌朗読会」・「大声大会」・「桐花祭」・「古炭窯巡礼」などのイベントには内外から大勢の参加者と観衆を集め、当地ならではのイベントとして定着しつつある。
 
Conformance level "A+"(open new window) copyright © 2011 苗栗市役所/IE7.0もしくはFirefox3.0以上のバージョンを使って本サイトにアクセスしてください。