市長より皆樣に 苗栗市役所および代表会のご案内 地理の環境 歷史沿革および人口概況 交通概況 工商業の發展 農牧業 文化教育概況 宗教信仰 社會福祉 都市の綠化 市民の憩い 都市外交 未來展望
:::
農牧業

全市三七八八ヘクタールのうち―八四二ヘクタールを山地が占める。よって作付面積は 、そう多くない。稲作は四五五ヘクタールで、開発が比較的早い平坦な地域に分布してい る。東側の丘陵は青心鳥龍を主とする茶畑で、面積は八十ヘタタール。一般的な作物には レンコン・サトイモ・サツマイモ・タケノコ・トウモノコシ・シイタケ・多種の青菜類が ある。

鳥龍を主とする茶畑で
丘陵地帯 丘陵地帯には、文旦・レイシ・バナナ・ポンカン・龍眼・パッションフルーツ・キ・ホ などの果樹園が広がる。七十を越す陳水生氏は、品種改良に力を発揮し、日本の三宝柑・茂谷・ネーブルなどを生産している。いずれも外観・風味ともに良好で、地元では 「みかん王」と呼ばれている。

牧畜も苗栗の重要産業である。南東部近郊の新英・文山地区には、オランダ種の乳牛を 飼う酪農家が集まり、現在乳牛が千頭近くいる。生産される牛乳は将軍マークのうベルを 貼られて市場に出ている。また農協の統計では、ニワトリが五万三千羽、アヒルが四千二 百羽、ガチョウが千羽前後。

牧畜も苗栗の重要産業
 
Conformance level "A+"(open new window) copyright © 2011 苗栗市役所/IE7.0もしくはFirefox3.0以上のバージョンを使って本サイトにアクセスしてください。